コラム

集客に困っている人の90%以上の人は、新規活動よりも既存顧客の顧客満足度に問題がある

こんばんは!

あおんぼです♫

どんなビジネスにおいても、「集客」ということは、絶対に切り離せない問題です。

そして、ビジネスがうまく行かない人のほとんどは、「集客」がうまくいっていないから失敗をしています。

この「集客」がうまく行かない人・企業は、何に問題があるのか?

実は、かなり「本質的なところ」を見落としている方がほとんどです。

今日は、それについてお話をしてみたいと思います。

集客がうまくいっていない企業は、ほぼ顧客満足度に問題がある

よくいろんな経営者や個人事業主と話していて、「ビジネスの調子はいかがですか?」

と私が質問した時に、

「いや〜!集客がうまく行ってなくて、、、、」

って回答が出る人が結構います。

そして、「いや〜!集客がうまく行ってなくて売上が、、、、、」この回答が出た瞬間に、

私は、「あ!この人、ビジネスの本質もマーケティングも何もわかってないんだな。。。」

ってすぐにわかります。笑

なぜなら、

ビジネスの本質とマーケティングがわかっている人は、「集客がうまくいかない」ということで悩まないからです。

「集客がうまく行かないということは、90%以上の確率で顧客満足度が低いから、集客ができない」のです。

実は、集客がうまく行かないことの本質は、「顧客へのサービス・価値提供」に問題があります。

なぜならば、顧客の満足度が高ければ、「紹介」「リピート」が必ず発生するからです。

「紹介」「リピート」が出ていないということは、「あなたは周りに紹介するに値しない」という評価を受けていることです。

感動するほどのサービスを受けたら、「口コミで紹介」しますよね?

だから、顧客満足度が高ければ、集客に困るということがありえないんですよね。

これは、WEBサイトでアクセス数が増えない、フォロワーが増えない人にも共通していることです。

アクセスが増えないということは、「リピーターと口コミ」が少ないんです。

つまり、サイトを見に来てくれた方の、サイトへの満足度が低いってことですね。

この状態では、一生新規活動を、人間関係がないところに仕掛けないといけません。

人間関係がないところに仕掛けると、0から信頼を構築しないといけないわけで、当たり前ですが、大変です。笑

だったら、既存のお客様が大満足をしてくれるように、提供サービス、価格、サポート体制、全てを見直すべきです。

これが、ビジネスの大原則であり、ある意味では全てなので、

これがわかっている経営者は、「集客がうまくいかない」と悩まずに、「顧客満足度が低い」ということに悩みます。

そして、どうしたら、もっと顧客満足度があげられるか?

ということに悩みます。

ベースにこの考え方を持っていないと、WEBをどんなに活用しても、ザルで水をすくう状態が起きますので、

集客は、一生うまく行きません。

どうしたら、もっと「顧客満足度」が上がるのか?

これは、永遠の課題なんです。

アマゾンが普及したのは、アマゾンが広告を頑張ったからではなく、「顧客満足度」が上がるように、「利便性」の追求を行ったからです。

アマゾンって、注文してから、早ければ翌日には届きますよね?

これも全てアマゾンがそうなるように仕組みを作ったからです。

つまり、大事なことは、顧客満足度です。

顧客満足度を追求し続ける人に、人が集まります。

顧客満足度を追求するということは、顧客の幸せを追求する行為だからです。

人は、自分を幸せにしてくれる人のところに集まります。

人を本気で幸せにすることを、本気で考えて実行できるようになる人になりましょう。

それがスタートです。

それをしたくない人は、適当に会社員をやるか、為替でデイトレーダーを目指す方が良いでしょう。

あれは、単純なマネーゲームだからです。笑

顧客満足度が低いとはどういう状態か?

では、顧客満足度が低いというのはどういう状態か?

すこし分析してみましょう。

顧客満足度が低いとは、

「価格と価値が見合わない状態を指します。」

どんなに美味しい焼肉だろうと、その焼肉の価格が、顧客が求める価値に見合わないと思われたら、

それは、やはり、満足度が低いのです。

逆に、めちゃくちゃ安くても、その安さにすら価値が見合ってなければ、ユーザーは不満を覚えます。

例えば、マクドナルドが昔、100円でホットコーヒーを販売し始めた時に、

その100円の安いコーヒーが、めちゃくちゃまずい!と評判になりました。笑

たった100円のサービスすら、人は、コストパフォーマンスに敏感です。

だから、自分の提供しているサービスは、

「相手に価値をどの程度届けているか?」

「満足させれているか?」

「値段以上の価値を感じてもらっているか?」

ここに、常に気を配らないといけません。

安易に、コンサル50万円、コーチング50万円、投資50万円、WEBサイト100万円とか、人に請求する人がいますが、

私は、そういう人が嫌いです。

その理由は、それって、「価値に本当に見合っているものを提供しているのか?」

ここを考えていないと思うからです。

だから、満足していない人がいたら、

どう埋め合わせしよう?

どうサービスを改良しよう?

どう追加サポートしよう?

それに頭を使います。

そして、顧客も提供側が真剣に考えてくれているかどうかを敏感に感じ取ります。

常に「提供側が真剣に考えてくれている」と感じとってもらえていたら、

その誠意から、この人にだったら、周りの人を安心して紹介出来る。

という信頼を生むので、紹介が生まれます。

そういうことを考えると、常に「奉仕」をどれだけ出来るか?

を考えるべきです。

「あ!お金もらいすぎてる!」とか、「お金以上の価値を提供出来ていない」

そう思ったら、自分は、相手に「借り」があると思って、やはりケアをしないといけません。

何かで返さないといけません。

これは、ビジネスで最も大事なことです。

そして、究極は、逆の状態が理想です。

「常に与えすぎてる」です。

「常に相手が自分に対して借りがある」

この状態が理想です。

この状態こそ、お客様が、どんどん自分にお客様を紹介してくれるし、強烈な満足度の口コミをしてくれます。

だから、大事なことは、常に、「顧客満足度を最大に高める」ということです。

顧客満足度を最大に高めることこそが究極の集客の秘訣である

「顧客満足度を最大に高める」

そのために、やはり意識しないといけないのは、

1、約束を守る
2、相手の期待以上の価値を出す
3、相手以上に相手のことを真剣に考える

シンプルにこれではないでしょうか?

私も、偉そうにこのように語りながら、「ああ!まだ全然満足をさせられていない」

という人が、常に頭に浮かびます。

その人たちのことを考えると、遊んでる場合じゃないし、

1、約束を守る
2、結果を出す
3、相手以上に相手のことを真剣に考える

この3つをその相手に対して、もっと真剣に尽くさないとダメだとやはり自分にプレッシャーをかけます。

息抜きはもちろん必要ですが、息抜きも全ては、お客様にもっと尽くすため。

顧客満足度を高めるため。

そうでなくては、1から長期で成功するなんてことは出来ないと思います。

顧客満足度を築くには、並々ならぬ努力が必要です。

だけど、ちょっと手を抜けば、一瞬で崩壊します。

だから、気を抜いてはダメ。

仮に、自分のサービスが一生懸命いい感じに稼働していても、

競合からとんでもないサービスが出れば、相対的に見て自分の評価は下がるし、

それが価格破壊サービスなら、自分のサービスは、価値と価格が見合わなくなる。

ちょっとでも油断すると、そういう競合の入り込む隙を作ることになる。

だから、他の競合が、これは真似できない。もう今から追っかけても、追従出来ない。と諦めるほどに、

顧客満足度を高める必要があります。

そんなピリピリビジネスをやりたくない!!!

と思うなら、ビジネスは諦めて、

貯蓄頑張って、プライベートバンクにお金でも預けて、運用した方がいいですね!笑

それなら、最低限の資産の管理だけしてれば、あとは気を抜いてもいいです。笑

ネットの世界って、「簡単に稼いでる」ように見えて、実は、長期で結果を出す方は、

「めちゃくちゃく顧客満足度」を大事に気を抜かずにビジネスをしています。

そして、顧客満足度が究極に高まっているから、常に周りに人がいる。

これが全てですね。

というわけで、

集客がうまくいかない!
アクセスがうまく増えない!
フォロワーが増えない!

とお悩みのあなた!

まずは、目の前のお客様(フォロワー)の幸せをもっと真剣に考えてみてはどうでしょうか?

どうしたら、目の前のお客様(フォロワー)をもっと満足させられるかを考えてみてはどうでしょうか?

頑張りましょう♫

——————–
あおんぼLINE@の方では、個人起業家・個人事業主のための収入アップに役立つマーケティング情報やコラムを無料で情報配信しております。

↓LINE@登録はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40rxx4675r

記事作成時期別
error: Content is protected !!