セミナー・イベント

1日の平均再生数100万回超えをYoutubeで達成!デイリー登録者は平均1000人超え!詳細について解説

※2021年7月21日追記しました。

こんにちは!

この半年間いろんな実験をしていたのですが、最終的に予定通りにうまくハマりまして、
調子が良いので、いろんな数字を公開したいと思います。

最近の実績

結論、タイトルにもありますが、仕掛けているYoutubeチャンネルの1つが、1日平均100万超えを達成しました。デイリーで登録者が1000人増えています。(笑)

証拠のスクショをいくつか貼っておきます。

Youtubeの実績

ビジネス系のYoutubeチャンネルです。エンタメではありません!!

チャンネル動画再生数↓(2021年6月23日時点)

追記:ちなみに、2021年7月21日現在増え続けた結果がこちら↓(28日間で5000万再生を超えました)デイリー最高視聴数は、445万回。

 

チャンネル登録数推移↓(2021年6月23日時点)

追記:ちなみに、2021年7月21日現在増え続けた結果がこちら↓(28日間でチャンネル登録数は約7万人増加しました。)デイリー最高登録数は、6000人。

TikTokの実績

また、実は、TIkTokも絶好調でして、1ヶ月前に作ったビジネス系アカウントが、4週間で640万再生、さらに24000フォロワー超え達成。

ビジネスにつなげにくい、可愛い女の子に踊らせる、エロを使う、恋愛、心理学系 は一切使っておりません。

ということで、良い結果が量産できており、当然そこからの売上もガンガン伸びています。

なぜ、こんな結果が出るのか?

ということで、本日のお題は、2021年のWEBマーケティングについて少し語ろうと思います。

まず、2021年以降のWEBマーケティングを攻略していく上で、最も大事なのは、何を頑張るかです!

・facebook
・instagram
・twitter
・Tiktok
・Youtube
・clubhouse
・web広告

何を頑張るかが大事!!であると、ずーっと言い続けてきまして、

私は2020年の年末のセミナーから、一貫して、2021年は、Youtube、TikTokが一番良い。

特に、ショートムービーが2021年は伸びると言い続けてきまして、
私自身も、有言実行で、今年の半年間は、ずーっとその研究に一番時間とエネルギーを使ってきました。

その結果が最初に出した結果です。
実は、Youtubeは、Youtubeショートをフル活用した数字です。

なぜなら、Youtubeのロング動画をビジネス系で今から0ベースで頑張るというのは、あまりに無謀と言わざるを得ません。申し訳ないですが、だいぶ時代遅れです。

Youtubeのロングの動画は、2020年に研究をすでに終えているし、現状6チャンネルぐらい運営しているので、
今の市場がどれだけきついかは、私が一番よくわかってます。

そして、絶対に今年は、ショートムービーが伸びると言い張ってたわけですが、それには明確な根拠がありました。

ショートムービーが伸びる根拠

それは、人間の情報処理速度が、上がっていて、Youtubeのロングの動画を見るのが、非常にタルい!と感じる人が増えているからです。

その点、TikTokは、1分以内に結論に達するので、かなり楽しく見れる!という人が増えていることが研究結果として出ています。

だから、TikTokは爆伸びしていて、現在世界全体でユーザー数が8億人を超えています。

実はTwitterよりユーザー数多いんです。さらに、もう年代別ユーザー数データに30~40代も非常に多くて、若者のアプリというイメージは終了しました。

また、その傾向を気にして、Youtubeもショートムービーの強化に力を全力で注いでいて、TikTokを追いかけようとしています。

さらに、Youtubeのロング動画市場における、Youtubeが抱える様々な問題点や悩みから、Youtubeは2021年〜2022年にショートを伸ばさざるを得ない。

この結論には、2020年の年末の時点で、私は達していました。

(この辺は、別途詳しく解説します)

2021年後半〜2022年のWEBマーケティング

2021年後半〜2022年も、ショートムービーは一層伸びます。

つまり、今年のうちに、ショートムービーをどれだけ攻略しておくか?

というのは非常に大きなテーマです。

ショートムービーを主体としたWEBマーケティングこそが、2021年後半〜2022年のキーテーマになります。

そして、ショートムービーは、今が圧倒的に伸ばしやすく、今が一番いいです。
例えるなら、今は2019年にYoutubeでビジネス系が伸びたタイミングに似ています。

そして、2021年後半、これからこの事実に気づいた人がどんどん参入してきます。

ということで、

改めて、2021年後半戦〜2022年に向けて、

・これからWEBを頑張る方は、どのようにWEBマーケティングを頑張ればいいのか?

・2021年後半〜2022年にあったショートムービーの攻略方法の解説

・ショートムービーを主体とした最新のWEBマーケティング戦略

これらを解説します。これを理解して実践すれば、1年後に人生は変わります。

WEBマーケティングを実施する人としない人の人生では、1年で20年以上の差がつく

最近、セミナーでいつも伝えてるのですが、WEBマーケティングを活用する人とそうでない人では、1年で20年以上の差がつきます。

具体的に言うと、私は、会社員で営業を10年近く、そしてMLMを4年近くやっていた過去があるので、

個人が営業をどんなに頑張っても、既存顧客対応しながら、月間でアプローチできる新規の数は、30人ぐらいが限界に近いと気づいていました。

つまり、個人が1年間どんなに頑張っても、年間360人しか新規にアプローチできないのです。

しかし、WEBをフル活用すると、1日で新規見込み客が100人増えるとか、普通です。

つまり、月間で3000人以上の新規見込み客。年間なら36000人です。

今回の私みたいに、1日に1000人見込み客が増える状態なら、年間で36万人の見込み客を獲得できます。

この時点で、もはや差が100倍あるんですよ。

だから、事業の成長スピードでとんでもない差がつく。
その結果、

海外では、WEB・ITを事業に活かせてる人とそうでない人では、1年で20年以上差がつくと言われるようになりました。

ひと昔前なら、年収1000万円を超えるには、会社員を20年以上頑張ってやっとたどり着きました。

今では、若い子が真剣にWEBマーケを頑張って、1〜2年で年収1000万円を超えてしまうのが珍しくありません。

5年で年収億を稼いじゃう人も多いです。

それは、シンプルに1年で20年の差がついてるからです。

シンプルに1年が20年分なのです。

私は、WEBマーケティングに本気になって、4年が経ちました。

つまり、みなさんと私の間にある差は、およそ80年です。

80年先を行ってるから、収入の変化・人生の変化も80年分起きています。

そして、今から0ベースで頑張るなら、圧倒的に、ショートムービーを組み込んだWEBマーケティングをしていかないといけないわけで、今回のセミナーはそれがわかるセミナーです。

このセミナーの参加方法と日程と価格

このセミナーは、無料で公開するつもりはありません。
なぜなら、無料で公開するメリットがない(笑)

無駄にライバルを早いうちに増やしたくないからです。

本気の人だけが参加してくれたらいいです。

価格については、最初50,000円でいいかなと思いましたが、

これだと、これから頑張りたい!って人たちには手が出ないと思うので、
特別に、下記の価格にします。

価格:19,800円(税込)

申込期限は、2021年7月30日までとします。

2021年7月14日追記:セミナー動画の録画の閲覧について

セミナーは全て終了したため、現在録画データを19800円で販売しております。また、購入者の方に関しましては、無料でWEBマーケティングのご相談も1度可能です。

動画で閲覧できる内容

第1部:2021年7月最新版:これからWEBを頑張って集客をして売上を上げるためのWEBマーケティング戦略の正しい考え方
第2部:2021年〜2022年必修科目!ショートムービー攻略の共通基本ロジック(TikTok、Youtubeショート共通)
第3部:TikTok・Youtubeショートそれぞれ独自の特徴と攻略戦略&アクセスを集めた後のマネタイズ攻略(LINE公式アカウントステップ配信活用方法と構築戦略)

購入はこちらから⬇️
購入はこちら

記事作成時期別