コラム

自然と周りに人が集まってこないなら、あなたのビジネスは何かが間違っている。

こんにちは!

あおんぼです。

最近は、会社員の人生に未来が見えなくなり、

副業や独立思考の方が増えていますね。

ただ、一方で、ほとんどの方が、まともに稼げていません。

それなら、深夜にバイトでもした方がマシじゃないですか?

という方のほうが、とっても多いです。

そういう方に共通していることは、

「自然と人が集まってくる仕組みが出来ていないということです。」

今回は、人が集まってこない理由についてのパターンを解説します。

自然に周りに人が増えて行かない理由1:相手から奪うビジネスになってしまっている

まず、人が周りに増えて行かず、ビジネスが難儀になっている方は、

「相手から奪う行為」をしてしまっている可能性が高いです。

具体的には、

お金、時間、人間関係

において、「奪う」行為をしています。

例えば、

・「稼げるよ!」と言って、実は全く稼げないものを、結果として提案していたり

・ 価値が対して感じられない情報を見せたり、セミナーに誘導したり

・ 善意で紹介をしても、紹介した相手に嫌な思いをさせたり

つまり、何が言いたいかというと、

「相手に損をさせている」ということです。

もちろん、自分自身は、「価値がある」と信じているかもしれませんが、

結果として、相手の役に立てていない状態が続けば、「人は遠ざかります」

逆に、めちゃくちゃ「価値を提供し、奪うのではなく与える人」であれば、自然と紹介が発生しますし、周りにどんどん人が集まるはずです。

結果、人が集まれば、お金も集まるので成功します。

自然に周りに人が増えて行かない理由2:ありきたりなことをしている(USPがない)

次に、価値を提供しているはずなのに、周りに人が増えないのであれば、

それは、ありきたりなことをしている可能性が高いです。

人があなたに、周りの人を紹介したいと思ってもらえるような理由」を考えていますか?

それは、いろんな人がやっているありきたりなものではダメです。

「あなた独自の強み」が大事ですね。

実は、この強みを考えること、作ることは、マーケティング業界では、「USP」を構築すると言います。

USP(Unique Selling Proposition)とは、日本では「独自の売り」あるいは「独自の売りの提案」として知られるマーケティング用語です。

あなたの、USPは何でしょうか?

まずは、ここから見直していかないと、一生成功することはありません。

自然に周りに人が増えて行かない理由3:イメージが悪いことに取り組んでいる

人は、自分のイメージを大事にします。

自分のイメージを大事にするとは、要するに、「自分のブランディング」を大事にします。

人には、誰もが、「良い人に思われたい」「嫌われたくない」という思いがあります。

紹介をして、「自分のイメージが悪くならないか?」ここは大事な心理です。

この心理を理解して、「イメージが良い人」になる努力が必要です。

そのためには、「人を傷つけない」「人を喜ばせる」「人からみてイメージが良いこと」を取り組む努力が必要です。

これができていれば、基本的にあなたの周りには、自然と人が集まってくるはずです。

まとめ

この3つに関して、どうでしょうか?

もし、ビジネスがうまく行っていないなら、ぜひこの3つに関して、改めて見直して行きましょう!

集客がうまく行かないのは、「ビジネスそのものに問題があるケース」が実は8割です。

ただ、マーケティングをわかっていない人は、「マーケティングと集客方法」に問題があると思っています。

なぜなら、マーケティングをわかっていないからです。笑

マーケティングのゴールは、何もしなくても集客が自然と増えていく状態を構築することだと思います。

毎月、成長をしていないなら、何か根本的にビジネスがおかしい!

そう思って、自分のビジネスを見直して行きましょう。

そして、マーケティングを学んで行きましょう。

——————————————————–
LINE@にて、ブログでは一般公開できないマーケティング情報やコラムを公開中!また、シークレットのプライベートセミナーの情報も配信中

さらに期間限定で、LINE@にて、WEBマーケティングを活用して月収100万円にする方法の動画を無料公開中!

↓LINE@登録はこちら

友だち追加
記事作成時期別
error: Content is protected !!