コラム

2019年は個人起業家に本物のマーケティング力が求められる時代になる3つの理由

こんにちは!

あおんぼです。

個人起業家がたくさん普及し、

今では、副業に取り組む人・複業に取り組む人・フリーランス・個人事業主の人口は、

15歳〜64歳の人口統計データの10人に1人というデータが国から発表されました。

昔は、「副業をやっている人」「フリーランスの人」「起業している人」は、かなり珍しい人。

社会の少数派感がすごかったですが、今ではみんなやる時代になりました。

そして、いろんな副業や投資話が個人の間で蔓延し、めちゃくちゃ個人で稼ぐ人なんかもかなり登場しました。

特に、今回は、WEBを活用して集客をしている個人起業家を軸に、2019年はかなり厳しい年になるという話をしてみたいと思います。

2019年は個人起業家に本物のマーケティング力が求められる時代になる3つの理由

ぜひ、ご確認ください。

理由1:facebook集客の限界

2014年~2017年に個人起業家で稼いだ方の大半は、「facebookで集客をしてコンテンツを販売する」

これが出来る人が年収数千万円〜数億円稼いだ時代と言えます。

何故ならば、「競合が少なかった」からです。

facebookから売上を上げるというのは、実は、マーケティングの難易度で言うと、少しレベルが高いのです。

facebookとは、「潜在顧客」へのアプローチだからです。

「潜在顧客」と聞いた瞬間に、頭が真っ白になった人がいると思いますが、笑

一言で言うと、「ニーズはあるけど、欲しいと認識をしていない層」です。

実際は必要だったり、欲しいんだけれども、

日常生活に置いて、セッパつまらないと普通は購入の行動をしないんですよね。

例えば、

歯が虫歯になって痛む!となれば、歯が痛いのを直したい!

これは、緊急性があります。

ですので、Google、Yahoo!で、「歯医者_ ○○駅」とかで検索をして、その歯医者に連絡をして予約をするわけです。

これは、インターネットを通じて、予約を取るという行為が発生し、「売上」が歯医者に発生しています。

つまり、緊急性がある商品(欲しいと自覚をしている)は、webで、Google、Yahoo!の検索ページに表示させることが出来れば、売上は上がるんです。

だから、みんな、一生懸命「SEO」にお金や労力をかけてきたわけです。

よって、すぐに売上になる、Google、Yahoo!のSEO対策に最初はみんな頑張っていたわけですが、そうすると、ある日その対策をする人が飽和します。

つまり、需要より、供給者(ライバル:競合)が多くなってしまいました。

そこで、多くの人が、稼げなくなってきたな〜!ってタイミングで、編み出された方法が、

リストマーケティングとプロダクトローンチです。

facebook(SNS)で、「興味があるけど、まだすぐに買う気がない人(潜在顧客)」に「無料で良い情報を提供するから、メルマガに登録してください」

と言って、興味がある人をメルマガに集めて、メールマガジンで、「興味があるけど、まだすぐに買う気がない人(潜在顧客)」に「購買意欲を高める配信」を行い、教育し、販売する!

この流れを体系化して、確立したのが、「プロダクトローンチ」になります。

プロダクトローンチと言われると、情報商材屋が、動画でうさんくさくプロモーションをしているイメージを抱く人が多いですが、

プロダクトローンチは確立されたプロモーション手法の1つです。

人の購買意欲を引き上げるプロモーション方法をステップ化し、体系化したノウハウです。

単純に、これを悪用している情報商材屋が多いだけであり、プロダクトローンチには罪はありません。

これを利用して、facebookからメールアドレスのリストを集めて、商品を売る。

(現在ならメールアドレスじゃなくて、LINEのリストをLINE@に集める)

これで大儲けする人が出始めました。

そして、この手法がどんどん広まり、これをいち早く取り入れたり応用していく個人起業家が、稼ぐ時代が到来しました。

ただ、その限界がついに、2018年前半にきました。

それは、この手法が広まりすぎて、facebookからリストが集まりにくくなってしまったのです。

リストの集め方として、主流だったのは、「SNSをキラキラさせて、自分に興味を持たせて、リストを集める」このやり方でした。

しかし、多くの人がやりすぎて、もうこのやり方ではリストはなかなか集まりません。

よって、最近は、一生懸命友達申請の後に、ダイレクトメッセージをメッセンジャーで送ってLINEやメールアドレスを集めようとする人が多いですね。

ほとんどの方がfacebookに依存してきたので、他の対応策が見えない。

これが、第一のfacebook集客の限界です。

理由2:SNSの多様化

facebookが限界を迎えたことにより、webで集客行動をする方がどんどん迷子になりはじめております。

じゃあ、別のSNSを頑張れば!とみんな考えるわけですが、SNS自体がまず多様化しています。

twitter、facebook、instagram、アメブロ、TikTok、ライブ配信系

などなど、どんどん多様化している中で、次に何をすれば良いのか、facebookしか頑張らなかった人は、迷子になりました。

SNSごとに、利用者の目的やニーズが違うので、攻略方法が違うという問題があるからです。

よって、facebookのやり方だけを教わって、言われたままにやって稼いできた方は、他のSNSで思うように
うまく行かないのです。

そして、このSNSの多様化傾向は、今後もどんどん発展して行くと思います。

新しいSNSのノウハウが確立された頃には、どんどん最先端のSNSアプリが登場し、それにユーザーが移動をしていく。

つまり、最先端のSNSの動向を常にチェックし、攻略方法を自分で研究していく姿勢がないと、追いつかないのです。

だから、研究気質・探究心・好奇心がある方でないと稼ぐことが難しい時代になります。

もちろん、普遍性として、Google、Yahoo!がなくなることは当面ありえないので、SEOをもともと極めていて、
SEOに強いwebサイトメディアを保有している人は、競合が増えても一定の集客が可能です。

ただし、この2〜3年で個人でビジネスを始めた方は、最初からSNS集客なので、かなり苦しい戦いに突入している

と言っても過言ではないです。

これが、2019年は一層顕著に現れるでしょう。

理由3:ビジュアルブランディング力が求められる

スマホのインターネットが、日々どんどん進化しているので、大容量の通信がいとも簡単にできる時代になりました。

それにより、高画質の画像、高画質の動画がSNS上にどんどん投稿されるようになり、

いわゆる、「インスタ映え」という時代が到来しました。

この時代に求められるのは、本物のビジュアル力です。

どういうことかというと、

ビジュアルのレベルが高い人は、高画質になればなるほど、一層評価が高まりますし、

逆に高画質になればなるほどビジュアルのレベルが低い人は、不利になって行きます。

つまり、「ビジュアル力」が、ブランディングにおいて重要になってくるのです。

だから、「ビジュアル力」を高めるために、個人起業家の方は、自分が芸能人にでもなったつもりで身だしなみは
当然として、ファッション力、ボディケア、ボディメイクなどが必要になってきます。

そして、そのビジュアルを、どう写真に表現するか?どう動画に表現するか?

表現力を含めたビジュアルのマーケティング力が求められます。

つまり、どんどん求められるマーケティング力が高度になっています。

だから、ちょっと軽い気持ちで、SNSで稼ぎたーい!みたいな人は全然うまく行かない。

そして、自分でどんどん考えて工夫していく努力、または新しい情報を取りに行く努力ができない人は、

どんどん稼げなくなる。それが、2019年以降の世界です。

逆に、本物のマーケティング力がある人に一層富が集中します。

まとめ

まとめると、「本物のマーケティング力」を今から養う努力をしましょう!!!

というのが結論です。

マーケティングの正しい考え方が身についている人は、新しいSNSもすぐに攻略方法をどんどん見つけられるし、

既存のWEBサイト構築、SEO、ライティング力がベースにある人は、それを生かして、あとはビジュアル対策を考えるだけで良い。

素地がある人は、対応をしていける。

逆に、素地がなくて、偏ったやり方とノウハウしか知らない人は、全く通用しなくなる。

「本物のマーケティング力」を基礎から身につけて行きましょう!

そのための環境をハイパーリーズナブルに提供できるように、私の方でも頑張っております!

——————————————————–
LINE@にて、ブログでは一般公開できないマーケティング情報やコラムを公開中!また、シークレットのプライベートセミナーの情報も配信中

さらに期間限定で、LINE@にて、WEBマーケティングを活用して月収100万円にする方法の動画を無料公開中!

↓LINE@登録はこちら

友だち追加
記事作成時期別
error: Content is protected !!