コラム

世界は、金融とメディアと教育に支配されているから、「金融」と「メディア」と「教育」を自分もやろう

世界は、金融とメディアと教育に支配されている。
だから、「金融」と「メディア」と「教育」ができる人になろう。

こんにちは♫

あおんぼです。

ちょうど、1月28日に、私主催でのイベントにゲスト講師としてきて頂いた金融・資産形成のスペシャリストから、

「金融世界の超裏話し」を聞ける機会がありまして、皆様に特別に少しシェアと私の気づきをお伝えしたいと思います。

そのスペシャルな方は、

まだ30歳でありながら、

・学生時代から起業し、学生時代に月収600万円以上を達成。

・家庭の事業で4000万円の借金を20代前半で背負う

・4000万円の借金経験から、金融についての真剣の学習をスタート

・また、社会的信頼があった方が、金融機関の力を借りやすいので、マイクロソフトに入社

・資産構築のために、香港に法人を設立。事業用に日本法人を設立。

そして、今では富裕層の資産形成指導をしながら、
億単位のお金を30歳ながらに資産運用しています。

一般人では絶対知れない、金融の裏側について色々と深く話してもらいました。

0から資産を構築し、現在では香港と日本にそれぞれ会社を持ち、香港は、資産運用のための法人。日本は、社会貢献のための法人。

まじめに活躍されている超実力派。

仮想通貨バブルに乗っかって「イエーイ!」みたいななんちゃって資産家とは、レベルが違います。笑

ということで、その方からの話を聞いた上で、

皆様にシェアしたいのは、

「金融」と「メディア」と「教育」に世界は支配されているから、
「金融」と「メディア」と「教育」を学ぼうというテーマです。

「金融」と「メディア」と「教育」に世界は支配されている理由

「支配」と言われると、多くの方が、

え、、、、

こわ、、、、

何様や、、、、

いや、俺は支配されてねーし!!!

とか、そんなネガティブな発想をするかと思いますが、笑

申し訳ないですが、「支配」されています。

まず、社会の間違った「金融経済」の認識について、1つ事例を出してみたいと思います。

例えば、

「日本」って「超黒字国家」って知ってましたか?

ニュースでは、「借金大国日本」「赤字、、、」そんなワードが流れまくっているから、

「消費税増税は、仕方ない。。。」「年金減るのも仕方ない。。。」

と、どこか諦めては、受け入れてませんか?

ですが、実は、日本って、世界TOP5に入る「超黒字国家」なんですよ。

よく考えてください。。。

超借金・赤字大国が、「オリンピック」こんなしょっちゅうやれますかね?笑

普通無理でしょう。笑

「我が国は、健全な超黒字国家で、これだけの予算をオリンピックのために回せるから、うちでやらせてくれ!」

こう言えないと、無理でしょう。笑

そして、総務省から海外の金融機関・投資家向けへの書面にも、「超黒字国家」であることを証明する文書は、実は、こっそりと公開もしています。。。。

では、なぜ、、、、

こんなことに。。。。

それは、「メディア」のせいです。

日本人って、ミーハーだし、金融の勉強全くしていないし、

変に恵まれてるから平和ぼけして自分で考えない。

テレビ・Youtubeばっかり見て育ってるので、

「メディア」に超弱いのです。笑

テレビ、新聞、雑誌、本、WEBメディアで簡単にコントロールできます。

だから、「超黒字大国」なのに、日本国民は日本にお金がないから、税金増えるのは仕方ない。。。って思わされてるんですよね。。。。笑

「実は、超黒字大国!」のロジックについて簡単に話すと、

日本の資金は、戦争でアメリカに負けた影響で、「ドル」を過去にたくさん買わされてきた背景があるんですね。

だから、日本の資産は、円半分、ドル半分なんです。

そして、日本は、「超投資国家」なので、確かにめちゃくちゃ借金をしているのですが、

借金して集めたお金をめちゃくちゃ運用して、「超プラスの黒字」を生み出しています。

実は、毎年数百兆円単位でプラスなんです。

これって、会社で言えば、金融機関からお金を借りてきて、事業で借りたお金への
返済を差し引いてもプラスという、一般的な企業の普通の経営モデルです。

しかしながら、報道は、黒字されている部分は、無視して、「借り入れ」

についてのみ話をします。

だから、「超借金大国」であると語る。

(イヤイヤ、そこから利益出しとるやん。。。。というのは、消される。笑)

さらに、日本の持っている資産の半分は、「ドル」なので、この「ドル」を含めないので、

資産の半分は無いことにして、

「赤字経営日本」として、メディアで報道し、財政は苦しいから、増税許してちょんまげと、語っているわけですね。

理屈は、「このドルはアメリカに買わされたもので、勝手にホイホイ売れないし、ドルで年金とか配れないから!」という理屈です。

ここまで話されると、「うわ、ひでえな。。。」って思うと思います。笑

私も、知った時は、「うわぁ〜」って思いましたが、

それ以上に、思ったことは、

やはり世界は、

「金融」と「メディア」、そして、それが正しいと思い込まされてしまう、「教育」に、支配されているなと思いました。

「金融」と「メディア」と「教育」このパワーを自分が良い意味で利用するべき

そして、これは、もちろん使い方になりますが、、

・金融・資産運用についての正しい理解
・メディアについての正しい理解
・教育の本質

この3つを理解し、そして、それを「良い方向」で活用できたら、「人間社会の攻略」は、すごく、簡単になるのではないか?

と私は思いました。

そして、この3つは、私としても、人生で最も関心が高かった3つの分野です。

私は、教育が大好きで、大学時代は、「塾講師」に4年間命をかけてきたし、社会人一年目に作った

高校生向けのEラーニング学習教材は、のちに文部科学大臣賞になりました。

今も好き好んで、格安でマーケティングスクール事業をやっています。

とにかく、「教育」ってすごく好きなんですよね。

そして、「お金」というテーマで20代は、死ぬほど悩み、副業・ビジネスに明け暮れました。

ただ、副業・ビジネスだけを頑張っても、お金持ちにはなれないということを感じましたし、

何より、「難しい」ということがわかりました。

そこから、マーケティングの道に入り、自然と、「メディア運営」に携わりました。

メディアの力を覚えた瞬間、「ビジネス・副業」は簡単になりました。

さらに、2017年は、仮想通貨が来るとすぐに予感したので、仮想通貨メディア構築に明け暮れていた時期もあります。

この時期に、メディアのイロハや、仮想通貨をきっかけにどんどんいろんな投資に興味が湧き、様々な投資について真剣に勉強をしました。

結果、自然と、

・教育
・メディア
・金融・投資

について学んでいて、

だからこそ、起業して、「スッと」うまく行ったんだな。

というのを、後天的に理解しました。

だからこそ、改めてこのスペシャルな講師から話を聞いた時に思ったことは、

「金融」と「メディア」と「教育」を出来るようになれば、基本的に負けない。

ということ。

・本当の資産家だけが知っている、「お金」のルールを覚える。

・メディアの力を使って、価値ある情報を「教育」する発信が出来るようになる。

そしたら、お金も集まるし、メディアを通して、自分の支持者も増えるでしょ?

支持者がいるってことは、自分の周りに人がいるってこと。

人が集まれば、「ビジネス」は難しくない。

ビジネスが失敗する理由は、「人が集まらない、人がついてこない」だいたいこれに尽きる。

多分、昔から、これは、ずっと資産家の人は、使ってきていた、もう当たり前の事実なんだけど、

この10年で大きく変わったのは、「メディア」を個人が簡単に持てる時代になったということ。

30年前なら、個人がメディアを持つのは不可能だった。

しかし、今は、個人が、WEBを通じて簡単にメディアを持てる。

そして、メディアを通じて、正しい情報を効果的に伝える、「教育力」があれば、

多くの人に、良い影響を提供できる。

「教育力」は、メディアを作りながら、「文章」「動画」「イベント」を行っているうちに、自然と磨かれるし、身につく。

「良い影響」さえ、発信していれば、社会に価値を生み出し、後で自分に良い形で返って来る。

だからこそ、言いたい。

「2019年は、メディアを作れ!と」

そして、そんな話、実は、年初にブログに書いていたので、よかったら合わせて読んでみてください♫

人類はメディアに支配されているから、メディアを作らないとダメなんだ!

メディアは、何からやればいいの?まで全部書いてあります。

ぜひ、参考にしてくみてください♫

——————–
あおんぼLINE@の方では、個人起業家・個人事業主のための収入アップに役立つマーケティング情報やコラムを無料で情報配信しております。

↓LINE@登録はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40rxx4675r

記事作成時期別
error: Content is protected !!