コラム

長期で手っ取り早く月収100万円を達成させる基本ステップについて

こんにちは。

あおんぼです。

これ、改めて知りたい人、多いだろうな〜!と思いましたので、書きます。

長期で月収100万円を到達させる方法とは?

結論から言うと、

手っ取り早く、長期で月収100万円を到達させる方法は、

「需要があるけど、供給者が少ない仕事をする」

これだけで、結論、普通に到達します。

そして、残念ながら、ほとんどの方が、これと全く違う視点で生きています。

それは、

「興味がある分野で、今の自分でも出来そうな仕事をする」
「自分にも出来そうなビジネスをする」
「なんとなく今の仕事の延長線で会社員で転職を繰り返す」

です。

残念ながら、この思想から抜け出さないと無理です。

ほとんどの方は、仕事をチョイスするときに、「今の自分でも出来そうかどうか?」ここを最重要視しています。

本業選びもそうだし、副業選びもそうしている方が多いです。

だから、みんな、

「あなたにでも出来る!」
「再現率高い!」
「簡単に出来る!」

こういう言葉が大好物です。笑

特に、日本はそうです。

なぜかというと、

「もし出来なかった時に、怒られたくない」
「もし出来なかった時に、恥をかきたくない」
「もし出来なかった時に、迷惑をかけたくない」

この3つのネガティブ思考が強すぎるからです。
良く言えば、謙虚ですが、その思考だと稼ぐのは難しいです。

しかし、収入が上がっていく人は、正直ここを大事にするのではなく、

「需要があるのに、出来る人が少ない」という領域を探して、

「だから自分がそこをできるようになろう!」

こう考えます。基本的に、いつの時代も稼げる人は、需要と供給の見極めをしっかりとしています。

昔は、会社自体がここを頑張っていて、そこに会社員として乗っかるだけでOKだったのですが、
日本という国は、すでにピークを過ぎていて、人口が減り続け、市場自体が小さくなっています。
国として完成度が高いです。

だから、大きい需要があって、供給者が少ない市場というもの自体がなかなかありません。

(※新テクノロジーが入るときだけ、新しい大きな需要が発生します。だから、大手企業は新テクノロジーの開発に躍起になっています。)

小さい隙間領域であれば、需要があって、供給が少ないという領域はまだまだ多数あるのですが、
小さい隙間領域は、個人単位でやる分には問題ないですが、人をたくさん抱える企業だと、食わせないといけない社員が多いので、
その小さい領域に攻め込んでも、市場自体が小さいので、大きな売り上げを確保できないから、参入できない。というジレンマに入ります。

例えば、いくら隙間領域を見つけたといっても、その市場規模自体が、10億円しかないのであれば、シェアを1%取るだけでは、1000万円しか稼げません。10%とって、1億円です。売上1億円程度では、社員5名以下にしないといずれ潰れます。

ビジネスは、市場があって、その市場の何%を自分がシェアを取るかという感覚です。

そして、市場の1%シェアを取るというのは、簡単なことではありません。

もし、個人単位でしたら、0.1%のシェアを取れたら、本来は十分すぎるほどです。

100億円の市場で、シェア0.1%取れたら、年収1000万円ですからね。笑

ちなみに、100億円の市場は、小さい市場に分類されます。

だから、「個人」の方が身軽で稼ぎやすく、豊かになっていく人が増えているわけですが、

その前提にあるのは、「需要があって、供給が少ない!」という領域で戦うこと。

ここが大前提です。

そして、個人でシェアを大きく取るなら、「WEB」をフル活用する。これに尽きます。

WEBでシェアを取り(集客をする)、WEBで、販売から申込を自動化。そして、サービス提供を仕組み化。

シンプルにこれを地道に作り上げていくのが、今の「基本」のビジネスモデルの作り方です。

断言してもいいのですが、現時点で稼げていないということは、

・上記を意識していない
・上記を実現するスキルがない

基本的にどちらか、または両方です。

だから、とにかく「スキル」を身につけた方が良いです。

「スキル」という能力が不足していることがほとんどです。

例えば、

30日間の間に、

どれぐらい遠くまで行けるか?というレースをした時に、こんな感じの差があります。

「自分の営業の力だけで戦ってる人」= レースをひたすら自分で一生懸命走っている人

「営業組織を作って戦っている人」=レースで、駅伝のように人を使って遠くまで人でつないで遠くまで送りこもうとする人
(一見合理的に見えて、利益をみんなで分け合う必要があるので、一人当たりの利益は相当薄まります)

「1人でWEBでうまく拡散させつつ仕組み化させている人」= バイクでスロットをひねっている人
(利益は独占)

だから、バイクの乗り方(WEBの使いこなし方)を覚えればいいだけです。

バイクの免許・車の免許を取るのに、お金を払う感覚で、学ぶことに投資をすることをオススメします。

本当に、もっと学んだ方がいいし、スキルを身につける努力をした方がいいです。

誰にでも出来ることなんて、全くもって価値がないです。

成功していない、スキルのない自分ですぐ稼げることなんて、基本的に詐欺まがいのことか、時間と体力の切り売りしかありえないです。

能力がないから、稼げていないわけなので。

みんなが手に入らない、出来ないこと!ここを手にいれる喜び。

そして、自分に本当の価値が出て、自信がつく喜びと充実感。

自分自身の希少価値を高めるのが最も早く成功します。

みんなが、道端の石ころには興味がないのに、ダイヤモンドには価値があるのは、ダイヤモンドには稀少性があるからです。

・自分がやろうとしていることは、今後需要が伸びていくのか?
・自分がやろうとしていることは、出来る人が多いか少ないか?
・今後参入してきて、真似されて飽和するリスクがどの程度あるか?

出来る人が少ないってことは、もちろん多少なり難しいわけですが、

逆に、難しいからこそ、真似されづらいわけで、つまり、競合が増えにくい。

競合が増えなければ、安売りしなくていいから、客単価は下がらない。

つまり、長く、長期で高単価で稼ぐことができる。

ここが、重要です。

そして、ぶっちゃけこれを意識してるだけで、月100万円稼ぐのは難しくないです。

だから、需要があるのに、できる人が少ないスキルを身につけるのは、最高の自己投資の一つです。

そして、それが、今であれば、一番わかりやすいのは、

ITエンジニアスキルとWEBマーケティングスキルになってきています。

だから、皆さんにITとWEBマーケティングは勉強した方が良いと普段から言い続けています。

仕組み化を意識する

さらに、それを学び、実践して稼ぐようになった上で、

レバレッジをかけるために、

「仕組み化」を意識するようになると、

より収入は増えます。

受けた仕事に対して、自分がやっていることを、システム化したり、効率化して、自分の時給単価をあげていくのです。

それをやっていくうちに、より多くの仕事を受けてはこなせるようになるので、月収が増えて行きます。

仕組み化を本気で意識すると、月100万〜300万円を稼いでも、かなり時間にゆとりを感じるようになっていくはずです。

あとは、それの延長線上で、拡大していくだけで、月収500万円〜も全然見えます。

ということで、

最初は、「需要があるのに、出来る人が少ない」ことを学ぶことから頑張りましょう!

WEBマーケティング基礎講座のオンラインコースは、今も受付していますので、興味がある方はぜひご参加ください。

迷っている時間分、貴重な時間を失ってますので、その時間が無駄であり、マイナスです。

ではでは〜!!

参考になった方は、クオリティコントロールのために、「いいね!」をいただけると嬉しいです。

————————————
上の内容と合わせて読むと良い記事⬇︎

需要があるのに供給者が少ない市場で専門家を名乗ると収入が倍になる

時給1万円超え!月5万円を誰でも簡単に稼げて、無料でやり方を教えてくれるアフィリサロンLINEの登録はこちら⬇︎
https://line.me/R/ti/p/%40hes3536e

記事作成時期別
error: Content is protected !!