エックスサーバーでサーバーをレンタルして、WordPressのWebサイトを作る

こんにちは!

青木です。

今回は、ワードプレスでWEBサイトを作る!ということについての解説をします。下記の手順通りに作成をすれば、全く持って難しいことはないですが、我流でやると、結構間違えますので、必ず下記を見ながら1つ1つ丁寧に作業を進めてください(^^)/

Ⅰ:「Xサーバー」でサーバーをレンタルする

そもそも論、レンタルサーバーって何ですか?って質問があるので、解説しますが、

シンプルに言えば、レンタルサーバーは、不動産で言うところ、「土地」です。

建物を作る=WEBサイトを作る

建物を立てるための、土地を借りる=レンタルサーバー

この解釈をしておくと良いです。レンタルサーバーの費用は、借りる先により変動しますが、初期費用1000円〜5000円、月額500円〜1500円。ぐらいが相場です。

レンタルサーバーは、初心者は、エックスサーバー(初期費用3000円、月額800円〜1000円)を絶対的にオススメしています。

理由は、下記の通りです。

重要:エックスサーバーでワードプレスサイトを作るべき理由

エックスサーバーは、現在最も人気で使いやすく、値段もリーズナブルなレンタルサーバーサービスです。もはやレンタルサーバーと言えば、エックスサーバー一択と言っても良いぐらいの状況です。

価格だけを見たら他にもっと安いレンタルサーバーも存在しますが、圧倒的な使いやすさが初心者にはとても良いです。

また、最もユーザー数が多いので、多くの方がエックスサーバーの使い方に関する「WEB記事」を作ってくれています。つまり、トラブルが起きても、「Googleで検索すれば、ほぼ全て答えがある」という状態になっているのが最大の魅力です。わからないことがたくさんある初心者には、この環境が必要です。

価格は安いけど、マイナーなレンタルサーバーを使うと、トラブルが発生した時にGoogleで検索しても答えが見つからず、都度、運営に問い合わせしないといけないケースが増えます。これは時間の観点から見て大きなロスです。時は金なりです。

〜詳しい流れ〜
①新規お申し込みで申請スタート!
②「X10プラン」「WordPressクイックスタート」で申し込む
③アカウント情報を登録する
④IDとPassを取得してサーバーパネルにログイン!

エックスサーバーのページはここをクリック

①新規お申し込みで申請スタート!

②「X10プラン」「WordPressクイックスタート」で申し込む

③アカウント情報を登録する

次にアカウント情報を登録します。

入力する情報については下記の表を参考にしてください!\(^o^)/

・サーバーの契約期間:とりあえず12ヶ月で大丈夫です

・取得ドメイン名:お好きなものを!あまり関係ありません
(個人情報を特定しやすいのはおすすめできませんが)

・ブログ名:お好きなものを!(あとから変更可能です)

・ユーザー名:お好きなものを!(あとから変更可能です)

・パスワード:お好きなものを!(あとから変更可能です)

・メールアドレス:お好きなものを!

その後、支払いクレジットカードの紐付けなど、アカウント情報を登録します。

④IDとPassを取得してサーバーパネルにログイン!

アカウントを登録後、IDとPassを入力して、

上の画面のようになれば、ひとまずOKです!

お疲れさまでした!(^o^)

Ⅱ:ドメインを取得する

ドメインってそもそも何ですか?って質問が結構あるので、お答えしますが、

ドメインとは、「WEBサイトのURLになるものであり、WEBサイトのオンライン上の住所みたいなものです。住所を申請して取得するのが、ドメイン取得行為です」

ドメインを取得するサービスサイトは、多数ありますが、エックスサーバーユーザーは、

名前から見てもわかるように「エックスドメイン」が最も相性が良くスムーズです!(^○^)

相性が良いというのは、具体的に言うと、「設定をする作業量が減る」ということです。

スムーズに完成させたい人は、エックスドメインを使いましょう!

価格ももちろん安いです。

エックスドメインのサイトはこちらをクリック

好きなドメインが使える状態か審査する

ドメイン(URL)は正直、どんなものにしても構いません。

個人情報がバレないようにだけ注意して

半角の英語で好きな単語を入力してみてください。

次の画面にいくと、

取得可能かどうかの審査結果が出てきます。
(取得不可のものは恐らく酷似したURLを既に誰かが登録しているんだと思います)

 

 

「.com」「.net」「.xyz」の何が違うのか?

 

 

この質問が非常に多いのですが、

結論、見栄えだけの問題で品質や内容的には全く差がありません。

「.com」が若干高いのは、「.com」が一番URLとして市民権を得ていて、

「サイトの信頼性が上がりそうでしょ?」的な感じなんだと思います笑

このあたりは、ぶっちゃけどれでも良いですが、一般的な判断基準としては、

ターゲットユーザーが若い(10代〜20代)の場合、ドメインは何でも良いと思います。

ターゲットユーザーの年齢がそこそこ高め(30代〜60代)の場合、.com .net .jp あたりから選ぶと、信頼を得やすいです。

あとは好みです。お好みのURLの左の四角にチェックをつけて選んでください!

選んだら、下にスクロールして「取得手続きに進む」をクリックしましょう!

ドメインの決済

 

支払い方法を決めて決済に進んでください。

個人的には「クレジットカード」がおすすめです。

(単純にその後の流れが早いので笑)

 

ドメインを選んで、決済が完了すれば「ドメインの取得」は終了です。

お疲れ様でした!(^○^)

Ⅲ:取得したドメインにWordPressをインストールする

済

それではいよいよ、取得したドメインにWordPressをインストールしてみましょう。

サーバーをレンタルして、ドメインを取得したのは、

 

 

不動産で例えると、

土地(サーバー)をレンタルして、住所(ドメイン)を役所に認定してもらった状態です。

土地と住所だけではほとんど価値はありませんよね?

 

 

早速、家を建てて、ブログを始めましょう!!

WordPressのインストールは無料ですのでご安心ください笑

XserverのホームからWordPressを導入する手順

①ご自身が取得したドメインを選んで設定する

②WordPressを簡単インストールを選択する

 

Xserverは土地です。

 

今回あなたが契約したX10プランでは、ドメインを50個まで置くことができるプランで、

今は一つしか持っていなくても、

複数のWEBサイト(ドメイン)を管理するタイミングがいつか出てくると思います。

 

なので、Xserverにどのドメインの設定をするかを識別せるために、

最初にドメインを選択しましょう!(^○^)

 

③「WordPressをインストール」を選択する

 

④上の赤枠の欄を記入する

いずれも、あとから変更可能なので、気軽に決めちゃってください!

 

 

IDとパスワードについては、

Webサイトの編集する画面にログインをする際に聞かれるので、

控えておきましょう。

「家」に入るための「鍵」のようなものです。

 

 

↓こんな感じで聞かれます。

WordPressの導入が完了!立ち上げを確認しよう!

「インストール済みWordPress一覧」

下のようになれば完了です!

↓このページをお気に入りに登録してください!

この画面がWordPressの入り口になります。

「サイトURL」のリンクをクリックするとWebsサイトの表側にリンクが飛び。

(↓こんな感じです)

「管理画面URL」をクリックすると

Webサイトを編集・修正したりする裏側(ダッシュボードに)にリンクが飛びます!

(↓こんな感じです。)

初期設定の直後はURLをクリックしても

「無効なURLです」的なエラーでメンタルがやられそうになりますが、

WordPress側のリードタイムですので、時間が解決してくれます。

1時間〜2時間ほど経てばURLが有効になるのでご安心ください(^○^)

 

尚、ダッシュボードにログインする際は、IDとパスワードを聞かれますが、

※このパスワードは、WordPressをインストールするときに決めたIDとパスワードです。

最初にXserverを契約した時のパスワードと混乱してしまう人が多いので注意しましょう!

 

 

これにて、

Webサイトのサーバーレンタルから、基本の作成までは完了です!

これでWEBサイトの土台は出来上がったので、

あなたのすきなデザインで彩ってあげてください!(^o^)

 

お疲れさまでした!